三国志派生妄想サイト(夢も見れるよ)
基本的に管理人が超弩級のM
なので小説はかなりS(らしい)
   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
特に意味はない




 今の携帯の待ち受け

- comments(25) trackbacks(0)
三国食生活

COCOさんにちょっとお前調べてこいといわれたので三国時代の食卓事情をちょっとだけ

【お酒】
蒸溜する技術がなかったので基本どぶろく
何度も発酵させることによってアルコール殿高い物も作ってはいたが
基本的にそんなにアルコール度は高くない。
 
お酒の口直しはサトウキビだったとか。
(ちなみにサトウキビはあってもこの時代砂糖は在りません。基本的に蒸溜することは考えなかったみたいですね)


【主食】
タダでさえ上下左右に長い三国時代当然来たと南では食べるものも違います

魏(北代表):麦・粟・ヒエなどの雑穀 麺類(ほうとうのようなもの)ゆでたり焼いたりしてたらしい
呉(南代表):米 飯(ただし蒸した米) 粥

一般人:主食+野菜(豆)
上流階級:一般人+肉

野菜は当時とりあえず食の付け合せ程度の扱だったようです。
代表的な野菜は大根、白菜、ほうれん草、蓮、ネギ、カブ(諸葛菜)で
貧しい土地ではほぼカブです。


肉は基本的に高級食材、家畜ということになるのでやっぱりお金持しか食べられなかったみたいです
ちなみに此処にもやっぱり南北で違いが出ます。
北:牛・羊
南:ブタ・魚

吉川三国志では劉備が羊を食べています、肉のランクとしてはこの時代牛より羊肉の方が大事なときに食べるものだったらしいです。(ちなみに最下位は犬です)
生肉でもたべたよー(案の定疫病や寄生虫の害にあってます)

味付けは基本的に塩・醤や胡とよばれた胡椒みたいなものです。
意外にもこの時代唐辛子はまだありません。
醤はあれどラー油はないのね。

ちなみに食人もありましたよ


【果物】
なつめをはじめとして杏、スモモ、桃、梅、びわ、みかんが食べられていたようです
ただし当時、当然冷蔵庫はないので干したりしても食べてました。


【宴会】
基本的にテーブルは使わずにコの字型にござを敷いて行われ、ホストがどんなに身分の低い客人でもお酌して回ったそうです。
「太牢」と呼ばれる最高コースは羊・牛・豚をそろえて行われ、それ以外は大型の魚の刺身にスッポン・熊の手(右手が最高級)など手に入りにくい食材を使ってもてなしたそうです



- comments(0) trackbacks(0)
後宮 −位と宦官−
 についての資料を大量に探しております。
しかも楽しいからいけない。


後宮三千とはよくいったもので、後宮にはかなり多くの人がマジいっぱい居ました。
位だけでも

皇后
夫人・貴嬪・・・皇后の次の位。
淑妃・・・位は相国(丞相)に相当。爵位は諸侯王に相当。
淑媛・・・位は御史大夫に相当。爵位は県公に相当。
昭儀・・・爵位が県侯に相当。
昭華・・・爵位が郷侯に相当。
脩容・・・亭候に相当。
脩儀・・・関内侯に相当。
捷院ΑΑγ翔鸚蘋个冒蠹。
容華・・・真二千石に相当。
美人・・・比二千石に相当。
良人・・・千石に相当。


こんなにいっぱい居るのでやっぱり大奥ですよ、女の戦い。
しかも自分では手に掛けません、医者をまず丸め込んで徐々に強い薬を処方して貰い毒殺、
病死したと医師が判断して後宮を死体で出て行くということも無かったわけではない・・・・
陰湿ですね、恐ろしい。


なんかもっと細かく在るのですが、それは追々として、
後宮を語るには宦官も知っていなければと、とりあえず学校にあった宦官物語を読んでみました。

宦官の仕事内容

アレと後宮の管理

あれは・・・アレですよ、で後宮の管理というのが夜の管理です、これもアレ関係ですね

夕食の時に女性の名前を書いた札をずらっと持ってきて、その中から王が一枚選び、それを皇后に渡して許可書を書いて貰ってその選ばれた人の所に行きます。
行って、暗殺防止のためにひんむいて素っ裸にして、羽毛の袋みたいなのに入れて担いで王の寝所に運びます。
でアレしてるときはどんな状態であっても在る程度の時間になったら問答無用で連れて帰ります、どんなに最中で、どんなに絶頂でも問答無用で連れて行くらしいです、へー

で、まぁ宦官に気に入られると夕食の札選びの時に有利にしてくれたりするので、こぞって姫達は賄賂を送るわけです。

宦官はナニが全部無い、少し在る、全部あると3通居たようで、まぁ無い方はやっぱり性欲は満たされないわけで、当然お金や権力に走るというようで(まぁ元からあまり裕福でない人たちがなる物だからということも在りますが)きらびやかに装っては居たようです。



ナニはホルモンバランスを保っている物でもあるので、それが現代医療ののように発達していない1800年も前の話になりますと、歳を取ってから大変な目にあうということです。
この世の物とは思えない見にくい姿と形容されている小説もあるようで、それはちょっと言過ぎではあるとは思いますが、情緒不安定になることは必須です、やっぱりそうなると表情にも出るから大変だったと思います。(タダでさえ死ぬ思いしたのに)

ちなみに話し方にも注意しないといけなかったらしい、「短い」を連想させる言葉は問答無用だったと聞きます。
犬の尻尾とかそういうのもダメだったと思いました、もうなにがなんだか。

象徴でも在るナニですから、復活出来ると聞けば何でもやりました、子供の脳髄が良いと言われれば食べ、人間の脊髄が良いと言えば何十人も殺してすすった人も居ました。

こっちもこっちで陰湿というかもう混沌


こんな見た目だけ整えたおどろおどろしい場所、後宮
まだまだ資料を上げていきたいと思います。
- comments(1) trackbacks(0)
成都武候祠平面図

 

折角描いたのに字が全部つぶれた
簡略して描いたので随分おかしい

成都武候祠は明代初期、恵陵(劉備墓)と君臣合廟とされ
清・康煕11年(1672年)に再建されました。


とりあえず蜀に分類
是非行ってみたい

蜀 −考察− comments(0) trackbacks(0)
謹賀新春



 

あけましておめでとうございます


謹賀新年ではなくて、あえて謹賀新春
春という言葉が入っているので、こちらの方が綺麗な響を感じます。

性懲りもなくハイカラのループ献上品
哲がなんともエアーな仕上り、後々追加したから、仕方ないよね☆


調子に乗って携帯の待ち受け用も造ってみたりなんかしてみたり。




- comments(0) trackbacks(0)
ハイカラ ループ主人公



 
一騎当千

ALLパソコン画
ブラシ鉛筆でかいていたため、縮小したらがたがたになった

まだ献上していないけれど、そのうち。

献上品 comments(0) trackbacks(0)
雲行忌憚





 
まだ献上していないけれど、そのうち献上する予定の品


雲行忌憚とは銘打ってありますが、DSDOさんちの夢小説にお邪魔するというだけのお話。
問題は描いていくうちにどんどん体のラインがずれて、
木に乗っかってない上に無理な曲がり方をした木になってしまったという点。

よくないよ、がもう全部画像統合しちゃって直せないよ・・・。

久しぶりのALLパソ画ですが、なんというかいろいろ直したいところを残す作品になりました。

献上品 comments(0) trackbacks(0)
三国時代の生活事情
 とりあえず違ったらそのたび更新


・名前が無い人もいる。
 田舎ものの場合、時々そういうこともあったようです。たとえば○○媼(おう)
 これは○○家出身のおばあさんという意味です。
 同じように○○太公となれば、○○け出身のおじいさんということになります。

 ちなみに前漢の劉邦の邦の字もおにいさんという意味でつけられていたとかなんとか。
三国志 comments(0) trackbacks(0)
三国志考察




・・・・こんなかんじ?

今見ると魏と呉は本当に大きな国だったのだと思います。
これは統一しなくても十分でかいのではないかとおもうのですが・・・
だめですか、そうですか、浪漫の問題なのですね。


それなら致し方ございません


三国志 comments(0) trackbacks(0)
DSDO 琴様




琴様の素敵サイト DSDO へ献上しました。


DSDOはトリップ夢小説を主にした、三国無双の非公式夢小説サイト様です。
シリアスを目指してギャグ街道驀進中の琴様
とても素敵なセンスをお持ちの方です。

大好き



が、事件が起こりました。


HPにUPしていただいたものをニヤニヤしながら見ていたのですが、ふと気になって視線が止まりました。
ついでに頭も止まりました。


『人型ももちろんですが、龍型がまた美しくて・・・』


ん?


『人型ももちろんですが、龍型がまた美しくて・・・』


ん?


・・・・・日記のところでもなんだか会話がかみ合わないと思っていたらそういうことですか
私はヒロイン(男装中)と龍を描いたつもりだったのですが、そうですが、そうですか


そ う い う こ と で す か


あれ、おかしいな、視界がゆがんで前がみえないや。

献上品 comments(0) trackbacks(0)
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Mobile
qrcode
Sponsored Links